慈済日本のサイト

05月22日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム

土鍋の筍煮物

Eメール 印刷
材料 ( 五人分 )
筍 580g、椎茸 5 枚、人参 2 本、 青梗菜 3株、生姜6~7枚、栗(大 粒 )5 ~ 6 個

調味料
1. みりん 200cc、白玉もち粉(上新粉 or 片栗粉 ok)大匙 2、胡椒粉小匙 1/2
2. 八角 6 ~ 7 粒、素蠔油大匙 3、昆布だし 40g,胡麻油少許、揚げ油適量

作り方
1. 筍は厚切り、椎茸水戻しいちょう切り、人参は乱切り、青梗菜は 3cm切り。

2. 筍、椎茸、人参は一度油で揚げて、( 栗は1分揚げる)、土鍋に入れ、みりんを加えて弱火 5 分煮る、また椎茸の戻し汁 150cc ~ 200cc 加えて 10分煮る、最後に栗を入れ 5 分煮る。

3. 鍋の中の汁だけを片手鍋に入れて、八角を取り出し、素蠔油、胡椒粉、昆布たし加えて、白玉もち粉は水に加えてとろみを作る、後に汁を土鍋に戻す、混せて2分煮る。

4. 食べる時、胡麻油適量、青梗菜加えて、完成。

筍の栄養成分は、食物繊維、カリウムが豊富です。たけのこ特有の白い成分はチロシンです。えぐみの元はシュウ酸です。ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、アスパラギン酸等も含まれます。食物繊維が豊富なので、便秘や大腸ガン、動脈硬化の予防・改善に効果があります。また、コレステロール値を下げたり、血糖値の急激な上昇を防いでくれます。カリウムがむくみや高血圧に効果があります。さらに、チロシンは、老化防止に効果があります。