慈済日本のサイト

11月18日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム 證厳上人 悟りの瞬間 情愛について――不倫

情愛について――不倫

Eメール 印刷
問い:「社会の変遷につれて人間関係が複雑になり、結婚生活をめぐる問題が次々に発生しています。不倫の問題が起これば、当事者はそれにどのように対応すればよいのでしょうか」

上人:「『不倫』と言わずに『もう一つの縁』と言うことにしましょう。これも当事者の業なので、勇気を出して受け止めて下さい。ご主人に感謝するのです。おかげであなたは世の無常を見極め、己を調整する機会を得たのですから、被害者だと思ってはなりません」


訳・慮慇
 

" 人は各々顔が違い、それと同じように性格も異なる。修行するには群衆の中に入って性格の異なる人たちと互いに磨き合い、適応し合い、睦み合わなければならない。 "
静思語