慈済日本のサイト

07月17日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム ドキュメンタリー 東日本大地震援助活動 慈済震災総指揮センターを設立

慈済震災総指揮センターを設立

Eメール 印刷
3月11日午後1時46分、日本宮城沖でM8.9の大地震が発生、津波や火災が起こり、多数の死傷者が出た。被災状況は相当厳重な模様。仏教慈済基金会花蓮本部は同日午後4時50分に総指揮本部を立ち上げ、被災状況の把握に全力を注いでいる。


地震発生直後,證厳上人は日本分会とテレビ電話で話をされ,日本分会は無事との報告を受けた。
日本分会のある東京と震源地である宮城県とは約400キロ離れているが,強い揺れを感じた。 上人はみんながお互いに無事を確かめ合うように指示し,関係団体の安否をも心配していた。

総指揮センター成立後,慈済は絶えず日本各地の被災状況に注意を払い,すでに毛布17,000枚,即席ご飯50,000キロを用意し,いつでも出動できる状態にある。

津波警報が発せられたことに従って,慈済は全世界の連絡網により台湾,上海,インドネシア,フイリピン等の慈済分会連絡処に津波に備えるよう通知した。

(花蓮報道)
 

" 不殺生はすなわち仁であり、仁とは愛である。万法すべて愛の心より生じ、すべての善行は愛を離れることはない。仁愛の心があれば殺生するに忍びなく、さらに積極的に一切衆生を守ることができる。 "
静思語