慈済日本のサイト

09月26日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

骨髄寄贈

Eメール 印刷
儒教思想が根づいている台湾では身体に傷をつけることに抵抗があり、また、骨髄移植に対する正確な医学知識が民衆に広まっていなかったために、骨髄を提供するドナーがあまりいませんでした。證厳上人はドナーがいないために多くの尊い命が犠牲になっていることに心を痛め、台湾の衛生署(厚生労働省に当る)や他の大学病院の要請も受けて、台湾で初めて骨髄バンクを設立することに決めました。證厳上人自らが慈済人を説得し、その意に従って慈済人は街へと出て行き、骨髄移植の正しい知識について人々に説明し、ドナー募集を呼びかけました。

地道な努力により、2010年までに、慈済骨髄幹細胞センターには33万134人のドナーデータが登録されています。骨髄移植を受けた人は台湾内外で2351例に上っています。世界最大の華人系骨髄バンクに成長しました。慈済骨髄幹細胞センターは、骨髄のほか幹細胞移植によっても患者を救えるよう研究の幅を広げてい
 

" 日常生活での些細なことの積み重ねによって徳を修めるのであり、いつまでも続ける心構えがなければならない。日頃の言行挙止が仏法の教えに適っていてこそ、本当に仏に学び徳を修めることになる。 "
静思語