慈済日本のサイト

12月08日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム 證厳上人 證厳上人の説法 懺悔を心に入れて 浄土を造ろう

懺悔を心に入れて 浄土を造ろう

Eメール 印刷
證厳法師のお諭し
心のしこりをほぐさない限り
煩悩が染み付いて、心霊を悩ませます
法水に沐浴して
自らを清め他人をも清めることは
この上ない喜びであります

戒(かい)、定(じょう)、慧(え)でもって、身、心、霊を護り
大懺悔でもって
貪(とん)、瞋(じん)、痴(ち)を洗い落としましょう
懺悔を心に入れて煩悩を除き
無明(むみょう)をなくすことです
法悦に浸れば
心は軽やかになり自在になります
それぞれの清浄な心がつながれば
この世は浄土であります


文・證厳法師/訳・慮慇
 

" 貧しい者は物質が乏しいために苦しみ、富める者は心がむなしいために苦しむ。貧しい者はあらゆる方法を講じて物質を追求するためにたいへん悩み、富める者は持っているものを失いはしないかと心配ばかりして、心は穏やかでなく自在になれない。 "
静思語