慈済日本のサイト

08月21日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム 證厳上人 證厳上人の説法 懺悔を心に入れて 浄土を造ろう

懺悔を心に入れて 浄土を造ろう

Eメール 印刷
證厳法師のお諭し
心のしこりをほぐさない限り
煩悩が染み付いて、心霊を悩ませます
法水に沐浴して
自らを清め他人をも清めることは
この上ない喜びであります

戒(かい)、定(じょう)、慧(え)でもって、身、心、霊を護り
大懺悔でもって
貪(とん)、瞋(じん)、痴(ち)を洗い落としましょう
懺悔を心に入れて煩悩を除き
無明(むみょう)をなくすことです
法悦に浸れば
心は軽やかになり自在になります
それぞれの清浄な心がつながれば
この世は浄土であります


文・證厳法師/訳・慮慇
 

" 【病のために貧しくなる】 貧困はほとんど「病」から起こる。時を移さずに病の予防や治療を施し、助けを受けた人たちが、再び立ち上がって家庭の責任を負うことができるようになれば、その家庭は元気を取り戻す。 "
静思語