慈済日本のサイト

01月19日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

エリンギの和風牛乳鍋

Eメール 印刷
【菜食料理・レシピ】
◆材料:エリンギ5本、キャベツ1個、にんじん1本、ジャガイモ(蒸しておく)1個、なめこ30g、水菜80g、だしに使う昆布½枚
◆調味料:牛乳100cc、薄力粉½カップ、オリーブオイル大さじ3、昆布だし1000cc、バター大さじ3、塩小さじ1、砂糖大さじ1、白胡椒少々、チーズ適量

◆作り方:

①エリンギを真ん中から切って、さらに十文字の切れ目をいれ、牛乳に5分ほどつけておく。
②キャベツを4等分に切り、にんじんは薄切り、ジャガイモは角切り、水菜を適当な長さに切る。昆布は長方形に切っておく。
③オリーブオイルでフライパンを熱し、薄力粉をまぶしたエリンギをとろ火できつね色になるまで焼いておく。
④鍋に大さじ1のオリーブオイルを入れ、キャベツ、にんじんを炒めて、香りが出てきたらなめこ、昆布だし、牛乳、砂糖、塩、白胡椒、ジャガイモ、エリンギ、昆布を入れて沸騰するまで煮込む。それからバター、水菜を加えて火が通るまで煮て、おろしたチーズを入れてできあがり。

シェフ◆謝一新

謝一新シェフは料理コンクールで金メダルを受賞した経験をもつ。台湾当地の食材にこだわって、産地からテーブルに載せるまで新鮮さを保つ素晴らしい料理を作っている。そして、日本の懐石料理とフランス式の美学、独創的な料理方法を研究して、台湾の美食に新たな命を吹き込んでいる。

写真、レシピ提供/大愛テレビ局・「現代心素派」番組
訳、瑞華