慈済日本のサイト

11月13日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム ドキュメンタリー 慈済環境保全運動・20周年

慈済環境保全運動・20周年

リサイクル・公益・社会的責任

一本のペットボトルから生まれた愛
捨てられたペットボトルをボランティアが一本一本回収している。回収されたペットボトルは愛と感謝によって心温まる織物に変身し、新たな生命がそこから始まる。「大愛感恩科学技術公司」で生産されたリサイクル織物にはトレーサビリティ(生産過程を追跡できる制度)が付き、そこには地道な足跡が記されている。
記事全文...
 
2 / 2 ページ

" 【生命を守ること、害すること】 飢える人に腹いっぱい食べさせ、凍える人を暖め、病人に診療を施し、身の周りの人道的な行為を見たり聞いたりしては互いに励まし合い啓発し合う、というのが「生命を守る」正しい方法である。盲目的に生き物を捕らえてから放ち逃す「放生」は本末転倒であり、かえって生命に害を加えることになる。 "
静思語