慈済日本のサイト

02月19日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

台湾

清らかで蓮のような心

清らかで蓮のような心潅仏会計画担当者――呂慈悦

中正紀念堂潅仏会の企画を担当する慈済ボランティアの呂慈悦は、初めて潅仏会(かんぶつえ)を行った時のことを思い出して語る。初年に潅仏会に参加した人は六千五百人だったのが、翌年には二万人に増えた。昨年は三万人以上で、今年は四万人を突破しているだろう。その中一般の人は五百人から二万人に増えているという。参加者の中には総統、行政院長、十五カ国の外国の駐台湾代表や団体の代表、企業家、さまざまな仕事に従事している民衆が含まれている。「年を経るほどに多くの人に、毎年五月の第二日曜日は仏教における大切な日であり、荘厳な潅仏会が行われる日であることが知られています」と呂慈悦は言った。
記事全文...
 
4 / 4 ページ

" 人はとかく偏った一念のために、愛し合い助け合う人生を捨てて、奪い合い憎み合い傷つけ合う人生を貪る。その原因はと言えば、名利や快楽を貪り、己の清浄なる本性を覆いかぶせてしまったからに外ならない。 "
静思語