慈済日本のサイト

07月06日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

台湾

高雄ガス漏れ爆発事故 ケア活動を開始

高雄ガス漏れ爆発事故 ケア活動を開始 高雄市前鎮と苓雅地区において7月31日深夜、大規模なガス漏れ爆発事故が発生した。慈濟ボランティア達は迅速にケア活動を行うため救援指揮センターを設置、4か所のサービス案内所を設け、延べにして約500人のボランティアを動員し、16か所の病院に運ばれた負傷者を労わり、家族や救援人員に温かい食事を提供しました。さらに、斎場にも赴き、被災者に助念を唱え、遺族を慰めました。
記事全文...
 

澎湖旅客機墜落事故 百名の慈濟ボランティアが受難者と家族を労わる

澎湖旅客機墜落事故 百名の慈濟ボランティアが受難者と家族を労わる復興(トランスアジア)航空GE-222は23日午後4時、高雄小港空港から澎湖諸島の馬公空港に出...
記事全文...

四十六周年“巡礼活動”は雨になったが、上人は大衆を励まし心を落ち着かせた

四十六周年“巡礼活動”は雨になったが、上人は大衆を励まし心を落ち着かせた夜空の下で〈爐香賛〉を唱えてから、「南無本師釈迦牟尼仏・・・」という念仏の声が続いた。慈済四十...
記事全文...

電車と車椅子――愛の約束

電車と車椅子――愛の約束

改札口を通って、線路を渡って
プラットフォームを上り下りし 電車に乗せたり電車から降ろしたり…… 週...

記事全文...

衆議院議員、花蓮の静思精舎を訪れ感謝の意を表明

衆議院議員、花蓮の静思精舎を訪れ感謝の意を表明 五月十九日、玉置公良衆議院議員一行七名は台湾・花蓮の静思精舎を訪問して 證厳上人 に面会し、 日本の...
記事全文...
2 / 4 ページ

" 福徳を大事にする人は、善を行うことができる人であり、善を行うことができる人はいつも楽しく過ごすことができる。幸せな人生とはこのことである。 "
静思語