慈済日本のサイト

09月22日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム

日本

Hac Morbi ac leo at felis at convallis ante magnis nibh. Tincidunt cursus quam dis ut aliquet ac Vivamus netus suscipit id. Velit tortor ornare tellus quis nec.

深刻な被害を受けた被災地での訪問ケア

深刻な被害を受けた被災地での訪問ケア

山口勝子さんの家は最も被害が深刻だった箭田地区の坪田部落にあった。山口さんによると、子供たちは山口さんの体を心配し、山口さんが避難所でゆっくり休んでいることを願っていたといいます。でも彼女は身分証明書とパートナーである「老眼鏡」を探すため帰宅したいと願っていました。しかし道路規制がかかる被災地で車を持たない彼女に帰宅する術はありません。そこでボランティア達は山口さんの願いを叶えてあげようと皆で相談し、車で家まで送ってあげることとなりました。さらに、山口さんの被災状況を見て何か力になれることはないかと考えたのです。

記事全文...
 

西日本豪雨災害 慈濟ボランティア避難所を訪問

西日本豪雨災害 慈濟ボランティア避難所を訪問七月上旬、日本の南で発生した台風七号は温帯低気圧へと変わり、それが梅雨前線と相まって72時間の...
記事全文...

就学支援 新芽奨学金が曙光となる

就学支援 新芽奨学金が曙光となる慈濟日本支部は、二〇一七年四月、町田デザイン専門学校の学生を対象とし、第一期の新芽奨学金を給付...
記事全文...

慈濟新芽奨学金授与式

慈濟新芽奨学金授与式【岩手県大槌町】二〇一八年三月十三日、慈濟のボランティア一行九人が、岩手県大槌町に入りました。...
記事全文...

六分の一の子供 見えない貧困

六分の一の子供 見えない貧困 日本支部新芽奨学金設立報道
慈濟日本支部は設立して二十六年になり、証厳上人の現地調達、現地使用の...
記事全文...
1 / 6 ページ