慈済日本のサイト

11月19日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム 證厳上人 證厳上人の説法

證厳上人の説法

いばらの道を前進する

いばらの道を前進する 【證厳法師のお諭し】
あらゆることは 人が成したことであり 道は全て人が作ったものである ことを成す時...
記事全文...

精進して困難を乗り越える

精進して困難を乗り越える【證厳法師のお諭し】
人生には困難や障害が付き物であり 逆境は「増上縁」である 即ちそれを乗り越えさ...
記事全文...

愛と善美の生活教育

愛と善美の生活教育【證厳法師のお諭し】
宗教とは
愛と善美の生活教育です 心を広く持ち 宇宙の人生真理の探索に 人を導きま...
記事全文...

率先して実行する

率先して実行する【地球と共生する】その二・資源回収をはじめよう この地球はみんなの地球です。誰もが責任をもって守...
記事全文...

なせば幸福はここに

なせば幸福はここに【證厳法師のお諭し】
幸福とはなしてこそできるもの 足るを知り 豊かな生活に感謝して 己を祝福し  福を...
記事全文...

無量の大愛を末永く伝えよう

無量の大愛を末永く伝えよう【證厳上人のお諭し】
四十六年来
慈済人は世界七十一の国と地域で 物資を支援するだけでなく 真心で奉仕...
記事全文...
2 / 5 ページ

" 【生命を守ること、害すること】 飢える人に腹いっぱい食べさせ、凍える人を暖め、病人に診療を施し、身の周りの人道的な行為を見たり聞いたりしては互いに励まし合い啓発し合う、というのが「生命を守る」正しい方法である。盲目的に生き物を捕らえてから放ち逃す「放生」は本末転倒であり、かえって生命に害を加えることになる。 "
静思語