慈済日本のサイト

04月26日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム ドキュメンタリー

配付活動に女性運転手は喜んで奉仕していた

配付活動に女性運転手は喜んで奉仕していた東日本大震災慈済災害援助配付団は七月十六日に配付活動を行った。多くの被災者は心の痛みと悲しみを乗り越え、他の人の手助けになろうとしていた。会場では何人もの日本人が被災者でありながら、同じように心を尽くして奉仕していた。
記事全文...
 

慈済基金会災害援助配付団が第二回目の見舞金配付に出かけた

慈済基金会災害援助配付団が第二回目の見舞金配付に出かけた慈済基金会は引き続き日本東北の被災地を支援しており、第二回災害援助配付団は今日、七月十四日に台...
記事全文...

東日本大震災 被災支援

東日本大震災  被災支援東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)被災支援 被災者緊急生活支援: 住宅被害見舞金支給
記事全文...

一通の日本語の手紙 被災者から証厳法師への感謝の言葉

一通の日本語の手紙 被災者から証厳法師への感謝の言葉「釈証厳法師様、去る3月11日の大震災で大変な災難に遭いました。今日まで苦しい生活が続いて来ま...
記事全文...

日本災害支援が無事終了

日本災害支援が無事終了東日本大震災の発生から三か月を経て、慈済東日本救援団は、6月9日から12日までの4日間、日本の...
記事全文...

義捐の心と太陽のような笑い声

義捐の心と太陽のような笑い声東日本大震災からちょうど三ヶ月目を迎えた6月11日、被災地ではまだ数多くの方々が住むところに不...
記事全文...

世界中で日本の幸福を祈っている

世界中で日本の幸福を祈っている 南アフリカの貧しいズール族からヨルダン砂漠のベドウィン遊牧民、そして、フィリピンのビニール袋を...
記事全文...

日本災害支援団、静思精舎へ戻り復興支援の詳細を討議

日本災害支援団、静思精舎へ戻り復興支援の詳細を討議 日本の慈済ボランティアは花蓮静思精舎へ戻り、證厳上人とお会いし、今後の日本復興支援について討論...
記事全文...

私にできることは―イスラエル駐台代表が菜食食事会を開催

私にできることは―イスラエル駐台代表が菜食食事会を開催「慈濟がこんなにたくさんのことをしているのに、自分は僅かの事しかしていないのです。」グランド ...
記事全文...
5 / 10 ページ

画像

超大型台風30号(アジア名Haiyan)がフィリピンを直撃、フィリピン史上最大の災害をもたらしました。被災状況が最も甚大なのは、レイテ島のタクロバン市、オルモック市、そしてサマール島のギワン島。

募集するには、より人間仏!

・・・・・参加のお願い・・・・・

私たちは常に多くの方の慈善の心に呼びかけます。
私たちの活動に参加してみませんか?
時間でも資金でもあなたの思う方法で参加しませんか?
私たちはいつでもあなたを待っています。

ホットトピック

 

東日本大地震住宅被害見舞金配付活動一覧表

 

四川省大地震の後・慈済希望工程

洗い出しの外壁、人字型の集会堂、地面が呼吸できるインターブロ...

 

ペットボトルリサイクル――エコ毛布の奇跡

人々はこんなにも軟らかく暖かな毛布が、ペットボトルから作られ...

メインメニュー


" 人の命は呼吸の間にしかないもの。いつも「秒の関」を通る心掛けを保持することができれば、生命をいとおしみ、人生を大事にするようになる。 "
静思語