慈済日本のサイト

03月02日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size

2023

慈濟日本分會は、五月十四日に、三年ぶりの灌仏会式を開催しました。法師の指導の元、皆心静かに仏陀の礼拝を行い、仏陀の足元に一礼して心の雑踏を洗い流しました。その後、恭しく花の香りを受け取りながら、仏陀、両親及び衆生の恩を感じました。誰もが純粋な心で、宗教儀式の美しさを示し、善のある考えを持って、心の中にある暗闇を浄化しました。写真/洪秀瑩
コロナ禍が沈静化してきた東京で、令和五年二月十二日、慈濟日本分會の祈福感恩会が挙行されました。久しぶりに日本分會で参加者と集い、證嚴上人の祝福を拝受しました。人文教室中文班の子供達も祈福感恩会に参加し、トルコ地震の被災者達の為にお祈りをしました。写真/水谷瑞芳
小銭を寄付してくれた人たちは無限の光に輝いています。證嚴上人はいつも「一滴の愛が集まれば大海になる」とおっしゃっています。一番大切なのは、善の心が芽生えるようにすることです。お釈迦様の時代と同じように、何も持っていない貧しい女性でも、破れた服を寄付することができたのです。 代々木公園にいる人たちは、寒い冬の日にその温かい行動で、その最良の方法を示してくれたのでした。写真/慈涓