慈済日本のサイト

03月22日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム ドキュメンタリー 東日本大地震援助活動 證厳上人のお言葉『静思語』発行から20年

證厳上人のお言葉『静思語』発行から20年

Eメール 印刷
【記念特集】

二十年この方、『静思語』の発行は七十六万冊を超え、十一の言語、簡体字中国語、日本語、韓国語、インドネシア語、タイ語、ベトナム語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語に翻訳されて全世界の人々の心霊の糧となりました。一九九一年十一月と、二〇〇九年六月に、静思語第二集、第三集が続いて出版されました。静思語シリーズ叢書の発行は三百四十五万冊を超えました。

意義のある言葉は立派な教訓と同じです。『静思語』を聞いて、春風にそよぐような感動を受けます。

證厳上人の理知に満ちたお言葉は、各地の慈済人を通して広められ、深く社会の隅々にしみこんで人心を浄め、知恵を啓発してきました。人々の善念が増えるよう導き、お互いに祝福し、積極的に福を造り出して、社会を良くし善に向う力量をより高められるよう切に願います。


(訳・王得和)
 

" 光陰は容赦なく過ぎてしまう。今この時を把握して若いうちにしっかり努力しなければ、年取ってから学ぼうと思っても、往々にして時機を失し後悔するばかりである。 "
静思語