慈済日本のサイト

05月26日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム 證厳上人 悟りの瞬間 情愛について -- だまされて

情愛について -- だまされて

Eメール 印刷
問い:「だまされているのを承知の上で甘んじているのですが、会った時は憎らしくてたまらず、会えない時は恋しさのあまり胸が痛んで死にたくなります」

上人:「何も一人の人のために生きるの死ぬの、と苦しい思いにさいなまれることはありません。人間はたくさんの良能を差し出して、多くの人を益することがで きます。それなのになぜあなたは自分の良能を善用しないのですか。一人の人に背かれたのは惜しむに足りないことです。本当に惜しいのはあなたが、せっかく 具わっている良能を無にすることなのです」


訳・慮慇
 

" 人は各々顔が違い、それと同じように性格も異なる。修行するには群衆の中に入って性格の異なる人たちと互いに磨き合い、適応し合い、睦み合わなければならない。 "
静思語