慈済日本のサイト

07月02日
  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
ホーム ニュース 日本 老人ホームでの心温まるひと時を共に

老人ホームでの心温まるひと時を共に

Eメール 印刷
この日のためにボランティアたちは懸命に練習をしてきました。ついに本番の日がやってきたのです。

8月27日(火)関西慈済大阪協力組ボランティア8名は大阪市東成区にあるハミングベル緑橋ホームへ向かいました。今日はホームのお年寄りに手話の歌とバンブーダンスを披露します。京都や大阪天王寺や鶴橋と各方面から集ったボランティアたちの目的は一つ、ホームのお年寄りに喜んで頂きたいことです。そのために念に念を入れ、老人ホーム到着後も控え室でいい演技ができるようにみんなでおさらいをしました。

いよいよ本番です。簡単な自己紹介の後、会場に集まったお年寄りやスタッフたちと指遊びをしました。この指遊びを通して、指の運動ができるばかりでなく、お年寄りたちの心もほぐれて、お互いの距離が縮まりました。

さて、指も心もほぐれたところで、いよいよメンメニューの手話の披露です。今回選んだ曲目は、みんながよく知っている歌「ふるさと」と「幸せなら手を叩こう」です。ボランティアたちの演技の後、お年寄りにも簡単な手話を教え、いっしょに見よう見真似で手を動かしながら「ふるさと」を歌いました。手話をしないお年寄りも楽しそうに歌だけ歌って下さいました。中には感極まって、涙する方もおられました。

みなさんの気分も盛り上がったところで、次はバンブーダンスです。リズミカルな曲とダンスの仕草が面白いのでみんなとても楽しそうでした。ボランティアたちの演技のあと、簡単にバンブーダンスについて説明をし、スタッフの方に体験して頂きました。初めてバンブーダンスをするスタッフの方はなかなかリズムに合わせることができません。それをごらんになっていた会場のお年寄りたちは大笑いです。このようにバンブーダンスは笑い声の中で幕を閉じました。

最後に、今日のこの一期一会のご縁を記念してみなさんにストラップを差し上げました。みなさんがお元気、これからもこの良きご縁が続くことを願って止みません。ハミングベル緑橋ホームで共に過ごした楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいましたが、お年寄りたちの楽しい笑顔は私たちボランティアの心を温かくして下さいました。ボランティア冥利につきます。お年寄りたちの笑顔を心に刻み、さらに精進したいと思います。

文・吳湘婷

 

画像

超大型台風30号(アジア名Haiyan)がフィリピンを直撃、フィリピン史上最大の災害をもたらしました。被災状況が最も甚大なのは、レイテ島のタクロバン市、オルモック市、そしてサマール島のギワン島。

募集するには、より人間仏!

・・・・・参加のお願い・・・・・

私たちは常に多くの方の慈善の心に呼びかけます。
私たちの活動に参加してみませんか?
時間でも資金でもあなたの思う方法で参加しませんか?
私たちはいつでもあなたを待っています。

ホットトピック

 

東日本大地震住宅被害見舞金配付活動一覧表

 

四川省大地震の後・慈済希望工程

洗い出しの外壁、人字型の集会堂、地面が呼吸できるインターブロ...

 

ペットボトルリサイクル――エコ毛布の奇跡

人々はこんなにも軟らかく暖かな毛布が、ペットボトルから作られ...

メインメニュー


" 人の命は呼吸の間にしかないもの。いつも「秒の関」を通る心掛けを保持することができれば、生命をいとおしみ、人生を大事にするようになる。 "
静思語